小児歯科、子供の歯の治療について
ホーム 小児歯科 プロフィール 医院案内 リンク集 お問い合わせ
予防治療(フッ素・シーラント等)について


フッ素イオン導入器
生えたばかりの歯はエナメル質が柔らかく虫歯になりやすいので、フッ素を塗布し虫歯になりにくくします(エナメル質にフッ素が吸収され、結晶が強くなる)。1回のフッ素吸収量は微量ですので、継続して塗布する事が大切です。フッ素洗口法も効果的です。

歯科医院では、ご家庭でできるフッ素洗口法のご指導致します。フッ素洗口剤も用意されているので、おたずね下さい。

フッ素イオン治療をなされた方へ
30分位は、飲食しないで下さい。
3カ月に1回、定期的にお受けする事をお勧めします。


シーラントをカバーして虫歯になりにくくします。
奥歯の溝が細く深く複雑な形をしている場合、歯磨きをしてもブラシの毛先が入らず汚れが残ったままになってしまいます。シーラントは、この溝をあらかじめ樹脂コートする事で虫歯予防に効果を発揮します。シーラントには、フッ素が含まれています。コートされている間は、持続的にフッ素が歯に吸収されますので、歯を強くする事ができます。

シーラントをなされた方へ
3カ月に1回、定期健診をお受け下さい。
シーラントは、しだいに磨り減ったりはげてきます。定期健診時に必要があれば、再度コートします。


サホライド(と銀)を塗って虫歯の進行を抑制します。
『虫歯の進行止め』 と呼ばれています。塗ると虫歯を固めてしまい、進行を遅らせる事ができますが、黒くなってしまいます。治療がまだできないお子様や、削って詰めてもすぐにとれてしまうような時に応急的に行います。


小児歯科目次に戻る   前へ  次へ

HOME|小児歯科|プロフィール医院案内リンク集お問い合わせサイトマップ


Copyright(c) 小児歯科、子供の歯の治療について by Fumiaki Nakano. All Rights Reserved.